イラストレーター鈴木周作【公式】

R4/2022.6.19(日)

【近況報告】

懸案だった絵本の入稿がやっと先日終わりました。
とにかく絵本以外、何も手を付けられない状況がずっと続いていたので、今は滞ってしまったその他諸々の作業を急ぎ進めているところです。
HP、ブログ、SNS等、普通に再開できるのはまだしばらく先になりそうです。
あしからずご容赦下さい。

R4/2022.4.10(日)

天敵

エゾリスvsカラス

エゾリスとカラスが並ぶと、観ているほうまで緊張します。
いつもは大抵、カラスのほうが一方的に威嚇することが多いのですが、時にはエゾリスも勇気を振り絞って反撃に出ることもあるようです。
野生の世界、どちらか一方に肩入れするのは本当は良くないのかも知れませんが、でもやっぱり「エゾリス頑張れ!」と思って見守ってしまいます。
(OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III)

R4/2022.4.9(土)

資料写真

資料写真

必要な資料写真はとりあえず印刷して、束ねて机上に置いておくほうがやっぱり作業が捗ります。
見たいものだけPC画面で参照すれば嵩張らないし、拡大表示も自在なのでむしろ便利なはずなんですが、実際にはなかなかそう理屈通りには割り切れないものです。
感覚とか、気持ちの入り方とか、むしろ心理的な部分のほうが大きいんでしょうね。
ある意味、時代遅れの作業スタイルなのかも知れませんが、所詮は昔ながらの手描きイラストのお仕事ですから、ともかく自分自身がやりやすい方法で続けていくつもりです。
(RICOH GR IIIx)

R4/2022.4.8(金)

オシドリ

円山公園のオシドリ

エゾリスを探し回る時間がない時でも、オシドリなら探すまでもなく池にいるので助かります。
軽く撮ったら早めに引き上げて、今日は自宅でちょっと急ぎのお仕事を頑張ります。
(OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III)

R4/2022.4.7(木)

水飲み

北海道神宮のエゾリス

雪解け水は美味しいかな?
冬場は大抵、そのへんの雪をかじって水分補給していたようですが、今日は久しぶりに水場に降りて飲んでいる場面に出会えました。
(OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III)

R4/2022.4.6(水)

練習中

ラフスケッチ

エゾリスに比べると、野鳥はまだまだ難しい。
だからこそ練習する価値があるんでしょうね。
後々、実際のお仕事に活きる場面があると信じて頑張ります。
(RICOH GR IIIx)

R4/2022.4.5(火)

青空の下

北海道神宮のエゾリス

相変わらず、写真に関してはまだほとんど運任せです。
春らしい淡い青空の下、ジャンプする瞬間のエゾリスにピタリとピントが合ってくれて自分でも嬉しくなりました。
(OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III)

R4/2022.4.4(月)

リハビリを兼ねて

北海道神宮のエゾリス

腕の痛みはまだ残りますが、リハビリと接種完了の御礼参りを兼ねて北海道神宮に出かけてきました。
あまり無理せず、今日のところは手短に切り上げるつもりだったのですが、良い具合にエゾリスが出てきてくれたのですっかり長居してしまいました。
温かな陽射しで、境内の雪解けもまた一段と進んだようです。
(OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III)

R4/2022.4.3(日)

接種翌日

夕焼け空

覚悟していたほどの発熱はありませんでしたが、普段感じたことのない妙な倦怠感で、せっかくの快晴なのにひたすら眠って一日終わってしまいました。
接種した左腕の痛みも、時間とともにやや増してきた気がします。
でも、この一時の副反応と引き換えに多少なりとも安心感が得られて、周囲の人々に不安を与える恐れも少なくなるのであればむしろ有難いことです。
(RICOH GR IIIx)

R4/2022.4.2(土)

3回目

北海道神宮

明日は動けなくなりそうなので、今日のうちにカミサンと一緒にエゾリスたちと遊んできました。
(OLYMPUS OM-D E-M10 Mark III)

集団接種

おかげさまで3回目接種完了。
ありがとうございました。
(RICOH GR IIIx)

R4/2022.4.1(金)

心にはづることなからなむ

北海道神宮

「世の人にまさるちからはあらずとも 心にはづることなからなむ」。
北海道神宮の手水舎に月替わりで掲げられている明治天皇御製。
私もそんな姿勢で絵の仕事に臨み続けたいと思います。
(RICOH GR IIIx)

えちぜん鉄道カレンダー原画

えちぜん鉄道さんのカレンダー原画が福井から戻ってきました。
約半年ぶりの再会です。
他の画家さんに勝るほどの卓越した技術はありませんが、この鉄道ならではの温かな空気感が伝わるよう、社員さんお一人お一人のお顔をいつも思い浮かべながら描き続けてきました。
いささか手前味噌ながら、リアル・細密よりも、そういう風情や物語性といったところに期待して、私の絵を起用して下さっているのだとしたら嬉しい限りです。
心にはづることなからなむ……。
(RICOH GR IIIx)

ページトップへ