イラストレーター鈴木周作【公式】

2019.5/21(火)

復路は天候調査!?

えちぜん鉄道 昨晩、三国祭の山車巡行を見届けた頃から本格的に降り出して、夜中にはかなり激しい雨になっていました。
四国あたりから東日本、北海道まで、昨日から今日にかけては全国的に荒れ模様とのこと。
羽田便あたりは欠航も出ているようで心配ですが、まぁ、今日の復路は神戸経由なので多分大丈夫でしょう。
雨の中心はもう東に移ったようで、福井も今朝は穏やかな天気です。

サンダーバード いつものことですが、現地での滞在時間や運賃等々考えると、素直に小松~新千歳便で帰るよりも、神戸か名古屋に出てしまったほうが何かと都合が良いようです。
午後の特急「サンダーバード」で大阪に向かい、今回は神戸空港からエア・ドゥ便で北海道に帰ります。

京都駅を過ぎると、右手に見える京都鉄道博物館の構内に一際大きな蒸気機関車が停まっていました。
遠目にも一目で分かる「C622」…機関車前端部の側面に貼られた銀色の燕のエンブレムから「スワローエンゼル」と呼ばれた有名な機関車ですが、その愛称の名付け親が一昨日「さかつうギャラリー」さんでお会いした松本謙一さんだったというのは、割と最近になって知った驚きです。

神戸空港 大雨は東日本のほうだから大丈夫かと思いきや、「到着地霧のため天候調査」と言われて愕然…。
結果的には「条件付き運航」でどうにか出発できることにはなりましたが、往路、丘珠~函館便の欠航に続いて、またも冷や汗の連続です。
ちなみに新千歳に着陸できない場合は、神戸に戻るのではなく羽田行きになるとのこと。
まぁ、それならそれで東京で寄り道できるから良いかな?…と、運を天に任せることにします。

AIRDO しかしこういうドタバタの時のほうが、不思議と運に恵まれるようです。
人生で二度目のブロッケン現象に出会えて、もうこれだけで今日のフライトは大満足です!

AIRDO 「空いているので、席を移動して頂いても良いですよ」とCAさんに勧められて、ちょっとだけ反対側の機窓を覘いてみると、ちょうど函館上空で雲の間から夕陽が差し込んできました。
ほどなく着陸態勢のアナウンス。
羽田に連れていかれることもなく、どうやら無事札幌に帰ることができそうです。

2019.5/20(月)

三国祭

富山 富山駅前からの立山連峰の眺めにちょっと心が揺れましたが、やはり初志貫徹、今日は予定通り福井に向かうことにしました。

森のめぐみ まるで台風のような強風で、大阪方面からの下り特急列車は運転見合わせになっていたようですが、幸い金沢からの上り列車は今のところ大丈夫でした。
えちぜん鉄道さんの駅をいくつか巡りつつ、まずは「Tea Garden 森のめぐみ」さんにご挨拶に行ってきました。
今冬、原画展を開催させて頂いたのがもう遠い昔の思い出のような気がします。

三国祭 勝山の左義長と、桜シーズンの永平寺口イベント「えち鉄521プロジェクト」とともに、三国祭の時期にはやっぱり福井に足が向いてしまいます。
あくまで取材…のつもりですが、本音を言えば、心情的には毎年恒例の帰省みたいな感じです。

三国祭 山車は6基、電車は30分ヘッドですから、なかなかそう都合よく鉢合わせてはくれないものですが…。
ともかくこの場所で、山車と電車が並ぶことがあると分かっただけでも大収穫です。

2019.5/19(日)

松本謙一さんの作品展、再び

さかつうギャラリー 子供の頃、絵本代わりに眺めていた月刊「とれいん」で素晴らしい作品を拝見するたびに、こういうのを作られるのは神様みたいな方なんだと思っていました。
この歳になってみると、もちろん畏敬の念は変わらないものの、色々なことを思いながら試行錯誤を繰り返し、時には失敗もして、それこそ人生を投影したような作品を一歩一歩創り上げていく…精密さでも巧さでもなく、むしろそういう人間臭い物語こそが観る者の心を掴むのだと、しみじみと感じています。

東京・巣鴨のジオラマ・情景模型専門店「さかつうギャラリー」さんで、昨年に続いて開催されている松本謙一さんの作品展を拝見してきました。
制作途中の段階、というのがまたいいですね。
技術論よりも、「イメージ」や「想い」の部分を御本人からたっぷりと聴かせて頂けたのが大きな収穫でした。

富山 北陸新幹線で移動して、今夜は久しぶりの富山泊。
まるで模型のジオラマみたいな美しい駅前広場の情景を眺めていると、私も何かひとつ作ってみたくなります。

2019.5/18(土)

函館から東京へ

北斗星広場 久しぶりに北斗市茂辺地の「北斗星広場」に行ってきました。
車体塗装の痛みはちょっと心配ですが、それでもボランティアによる「お掃除イベント」を催したり、地元のイベントとコラボしたり、関係者の方々も色々工夫しながら頑張っておられるようです。
私も絵のお仕事を通じて、これからももっと応援していかねばと思っています。

箱館ハイカラ號 飛行機までまだ少しだけ時間があったので、電停ふた区間ほどですが「箱館ハイカラ號」にも乗ってきました。
函館駅前や五稜郭公園前など、観光客でにぎわう主要電停は近代的でおしゃれなデザインにリニューアルされましたが、こういう屋根もない昔ながらの電停もまた良い雰囲気です。

AIRDO 夕方のエア・ドゥ便で函館空港から東京へ。
この路線に乗るのも結構久しぶりです。
少し前まで街を覆っていた低い雲もだいぶ薄くなって、ちょっとソフトフォーカス気味ですが函館山の眺めも楽しめました。

AIRDO せっかくソニー「HX99」を持ってきたので、羽田空港でも少し試し撮りをしてみました。
広大な空港だけに、高倍率ズームのありがたみを実感する一方で、日中撮影ではほとんど気にならなかったレンズの明るさ(暗さ)とか、それに伴うシャッタースピードの限界とか…。
飛行機そのものを撮りたいなら望遠系は必須でしょうが、空港の情景として捉えるなら、むしろ広角単焦点のリコー「GR2」のほうが使いやすそうな場面もあって、結局は「使い分け」なんだなぁ…と改めて認識しました。
もうしばらく、実戦で色々試してみようと思います。

2019.5/17(金)

嵐を避けたら欠航に!?

北海道エアシステム 国民的アイドルグループのコンサートの影響で今週末の新千歳便が全く取れず、ならば寄り道取材も兼ねて道内別空港を迂回して…と思ったら、その迂回のために乗る予定だったHACの丘珠~函館便が機材整備で欠航になってしまいました。
それでも早めに気付いたので、無事に同日の先行便に振り替えて頂けて、しかもこんな状況にもかかわらず「窓側席で!」というワガママまで聞いて頂けたのは幸いでした。
「災い転じて福」というか、「塞翁が馬」というか…。
結果的には、いちばん見たかった羊蹄山と洞爺湖のあたりでちょうど雲も途切れてくれたので、むしろこの時間帯の便になって良かったのかな?という気もします。

北海道エアシステム もう何度も乗っている路線ですが、この経路での着陸は初めてだったかも知れません。
雲海に浮かぶような函館山の眺めが印象的でした。

函館 せっかく函館まで来たので、夜の市電の風景も色々撮っておきました。
明日は少し寄り道した後、函館空港から本州に飛ぶ予定です。

2019.5/16(木)

初夏の陽気

札幌 暖かい…というより今日は少々暑い位だと思ったら、最高気温が24.8度まで上がっていたようです。
そろそろ半袖シャツを出しておいたほうがよさそうですね。

札幌 今更ながらソニー「HX99」の予備電池を買ってきました。
本体と同時に買っておいても良かったのですが、そこは慎重というか臆病というか…。
とりあえず半月ほど試してみた上で、本当に取材道具として使えそうだったら予備電池も…と考えたわけです。
良くも悪くも、こういうところが私の性格なんでしょうね。
チマチマと少しずつ塗り進める、いつもの画風と一緒です。

2019.5/15(水)

三吉神社例大祭

札幌 絵画教室もあったので昼間の神輿渡御は諦めましたが、夕方、帰りがけに少しだけ境内の様子を覘いてきました。
なにぶん電車は突然現れるので、シャッターのタイミングを見計らうのがなかなか大変です。

2019.5/14(火)

大通公園

札幌 ライラックもだいぶ咲き始めたようですが、見頃はまだもう少し先でしょうか?
今年こそは一番良い時期を逃さないよう、しっかりチェックしておこうと思います。

2019.5/12(日)

今日の野鳥

札幌 ヒガラでしょうか?
敗色濃厚のファイターズ戦のTV中継に見切りをつけて、今日も少しだけですが北海道神宮~円山公園あたりを撮り歩いてきました。
自宅から歩ける距離にこういう場所があるなんて、本当にありがたいことです。

札幌 そういえば、エゾリスや野鳥にエサを与えている人を見かけることが時々あって、それが良いことなのか悪いことなのか、初心者の私にはよく分からなくて悶々としていたのですが…。
やっぱり「良くないこと」なんですね。
今のうちに気付いておいて良かったです。

2019.5/10(金)

原画展の案内ハガキ

札幌 せっかく原画展の案内ハガキを刷ったのに、まだ全然配っていませんでした。
とりあえず近隣在住で、年賀状のやりとりをさせて頂いている方くらいまでは早々に送らせて頂こうかと思っています。
(お送りできなかった皆様には申し訳ありません…)

原画展情報はこちらのWebサイト・ブログ・SNS等でも随時発信させて頂きます。
今のところ在廊予定は未定で恐縮ですが、会場で皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

2019.5/9(木)

今日も円山公園

札幌 決して暇を持て余しているわけではなく、あくまで絵の題材探しです。
新しいカメラにも少しは慣れてきたので、今日一日、腰を据えて鳥を探してみることにしました。
まずはシジュウカラ。

札幌 ヤマガラ。

札幌 オシドリ(※なぜかオス同士)。

札幌 エゾリスも出ました!

札幌 ハシブトガラ?

札幌 ヒヨドリ…でしょうか?

札幌 サーブ!

札幌 そしていちばん撮りたかったアカゲラ!
円山公園では割とよく見かける鳥ですが、きちんとカメラに収められるとやっぱり嬉しいです。

2019.5/8(水)

円山公園

札幌 ヒレンジャク…でしょうか?
鳥の名前はまだちょっと自信がありません。
でも、こんな樹上の鳥までちゃんと撮れるのですから、やっぱり「HX99」は凄いです!
あとはオートフォーカスの設定とか操作とか、カメラそのものの扱い方をもう少し勉強しないと…。

2019.5/7(火)

電車通りの試し撮り

札幌 今日も飽きずにソニー「HX99」の試し撮りです。
西4丁目交差点からススキノ交差点の大看板がこんなに大きく撮れました。
さすがは28倍ズーム!
でも、こういう構図で絵に描いたらやっぱり不自然になりそうですね。

2019.5/6(月)

エゾリスの試し撮り

札幌 望遠に強いソニー「HX99」を買った一番の目的は、なんといってもエゾリスです。
今日は北海道神宮に試し撮りに行ってきました。
「速度優先連続撮影」なる設定でバシャバシャと連写して、後でじっくり確認してみたら、餌をかじる口元の動きまでしっかり捉えられていてちょっと感動してしまいました。

札幌 上空を横切る飛行機もバッチリです!

札幌 あちらこちらで鳴き声は聴こえていたのですが、カメラで捉えられたのは結局この1羽だけでした。
鳥も挑戦してみたいテーマですが、私の場合、写真以前にまずは鳥を見つける練習から始めるべきかも知れませんね。

2019.5/5(こどもの日)

機窓の夕陽

八戸 空模様と空席を搭乗前にチェックして、左側最前列1A席に変更しておいて大正解でした。
期待通りのこの夕陽が見られただけでももう充分満足です。

2019.5/4(みどりの日)

小岩井農場

小岩井農場 今日は家族で小岩井農場までドライブに行ってきました。
大型連休真っ只中、素晴らしい天気と桜が重なって、おかげで駐車場の数キロ手前から大渋滞です!

小岩井農場 小岩井農場に行くからにはぜひ見ておきたかった「トロ馬車」(馬車鉄道)。
観光客向けの単なる遊戯施設かと思いきや、かつては実際に国鉄の駅と農場とを結ぶ輸送手段だったと訊いて俄然興味が湧いてきました。
遠くに見える岩手山も良い雰囲気です。

小岩井農場 途中で義母が行方不明になったり、カミサンと義妹がブチキレたりと色々ありましたが、まぁ、それもまた楽しい家族の想い出でしょう。
離れて暮らしているからこそ、時々はこういう時間を大切にしなければと思います。
有名な一本桜を眺めたら、東北道経由で八戸に帰ります。

2019.5/3(憲法記念日)

庭のスズメ

八戸 こういう望遠に強いカメラが本領を発揮するのは、やっぱり鳥や動物を撮る場面なんでしょうね。
昨日に続いてソニー「HX99」の練習中。
今日はカミサンの実家の庭のスズメを狙ってみました。
コンデジということで少し心配していたシャッターやオートフォーカスのタイムラグもほとんど気にならず、少なくとも資料撮影用としては充分使えそうな感じです。
明日もまた色々試してみようと思います。

2019.5/2(木)

令和の初旅&HX99初実戦

丘珠空港 令和最初の日に買ってきたカメラはソニーの「HX99」。
「世界最小高倍率ズーム」という触れ込みの、光学ズーム28倍、望遠720㎜のコンパクトデジカメです。
以前から愛用しているリコー「GR2」の写りも使い勝手も充分満足しているのですが、題材によっては広角28㎜相当の単焦点ゆえの限界を感じる場面も時々あって、やはり望遠に強いカメラも必要かな?と、しばらく前から考え始めていました。
まだ説明書も全然読んでいないのですが、ともかく今回の旅で実際に使いながら色々覚えていこうと思います。

まずは出発前、丘珠空港のターミナルビル2階から。
今まで見えなかった世界が液晶モニターに現れて、高倍率ズームの威力にいきなり感動です(笑)。

丘珠空港 いざ搭乗!
望遠ならではの圧縮効果で面白いカットが撮れそうですが、こういう写真を何も考えずにそのまま模写したら、絵としては物凄く不自然なものになってしまいそうです。
あくまで資料撮影用…と肝に銘じておかないと。

北海道エアシステム 720㎜望遠なら上空から地上も狙えるぞ!…と思っていたのですが、結論から言えば機窓風景を撮るのに720㎜はほとんど必要なさそうです。
むしろ広角側24㎜のほうが機上では大いに役に立ちました。

北海道エアシステム(HAC)のSAAB340B、翼の付け根の9A席の窓から覗いて、 エンジンの先端から翼の先端、翼の下のタイヤまでが画面に納まるのは24㎜なればこそ。
ほんの僅かな差のようですが、28㎜の「GR2」だと11A席あたりまで下がらないとこういう構図では撮れません。

函館空港 実を言えば、上空から桜満開の五稜郭公園を見せたくてカミサンを連れて乗ったのですが、風向きの関係で今日は五稜郭が見えない側からのランディング、しかも今までにない激しい揺れですっかり酔ってしまったようで、カミサンにはちょっと気の毒なことをしてしまいました。
もし懲りていなければ、また来年にでもリベンジしてみようかと思います。

函館空港で飛行機を降りると、隣には見たことのない真っ白な謎のB737が停まっていました。

五稜郭 普段のスナップ撮影では、直感的にシャッターが押せる「GR2」の機動力はやっぱり捨てがたい魅力です。
今回も函館滞在中はほとんど「GR2」のほうを使ってしまいました。
「GR2」と「HX99」、それぞれの持ち味を理解した上で、うまく使い分けていけたらと思います。

今日の函館はあいにくの天候でしたが、ほんの束の間、ちょうど五稜郭公園で桜を眺めている間だけ陽が差してくれたのは幸運でした。

北海道新幹線 開業後、数回ほどは利用してみたものの、その不便さに懲りて今ではすっかり飛行機派になってしまいました。
今夜は八戸まで移動してカミサンの実家泊。
残念ながら函館からの航空路線はないので、本当に久しぶりに北海道新幹線に乗ることになったのですが…。
やっぱり今の私には飛行機のほうが性に合っているようです。

2019.5/1(水)

令和最初の日

北海道神宮 即位された天皇陛下の初めてのお言葉をTVを通じて拝聴してから、新たな御代の安寧を願いつつ、改めて今日も北海道神宮にお参りに行ってきました。

北海道神宮 境内は昨日以上の大盛況!

札幌市電 北海道神宮にお参りした後、市電・西線14条電停近くの「ギャラリー土土」さんにお邪魔して、刷り上がったばかりの原画展の案内ハガキをお渡ししてきました。

色々あってしばらく間が空いてしまいましたが、いよいよ来月、実に5年ぶりとなる「土土」さんでの原画展を開催させて頂くことになりました。
令和最初の原画展がこちらになったのも、やっぱり御縁だったんだなと思います。
以前の原画展にお越し頂いたことのある方にも、今回初めて御覧頂く方にも、楽しい時間を過ごして頂けるよう、今からしっかり準備をして臨みたいと思っています。

帰りに市電の新型車両1100形「シリウス」に初めて乗れたのも、令和初日のささやかな幸運でした。

SONY HX99 節目の日の記念…というより決意のつもりで新しいカメラを買ってしまいました。
うまく使いこなせるようになったら、取材の仕方も、絵の作風も少しずつ変わってくるかも知れません。
まずは色々研究しつつ、早速明日から実戦投入してみようと思います。

ページトップへ